2017年05月02日

産経の馬鹿っぽい中途半端な「保守論調」

http://www.sankei.com/column/news/170429/clm1704290002-n2.html
>> 2017.4.29 05:03更新
【主張】昭和の日 元号あればこその歴史だ


(中略)

 そのような新聞でさえ、事あるごとに「明治の…」「昭和の…」などと書いて時代の諸相に触れたりするのは、元号が利便性や合理性を超えて国民の日常に密着しているからにほかならない。

 日本の元号は西暦645年の「大化」に始まる。701年に「大宝」と改元されて後は、中断もなく現在まで継承されてきた。もともと中国由来の元号制度ではあるが、特筆すべきは、中国の威に屈する形で中国の元号を遵奉(じゅんぽう)し、自らの元号をほとんど建てられなかった周辺の多くの国とは異なり、わが国では独自の元号を使い続けてきた事実である。

 中国では既に失われ、今や日本にのみ存続している元号は、いわば国家独立の象徴でもあり、今後も大切に守っていきたい。

 天皇陛下の譲位を可能にする特例法の制定に向けて、議論もいよいよ大詰めの段階に入る。次の元号へ国民の関心もおのずと高まってこようか。元号とともに刻まれたこれまでの歴史を振り返り、併せて、まだ見ぬ元号と時代に思いをはせてみるのも意義あることに違いない。
<<
産経らしい、馬鹿っぽい論調です。

元号が利便性や合理性を超えて国民の日常に密着しているからにほかなら」ず、「今や日本にのみ存続している元号は、いわば国家独立の象徴でもあり、今後も大切に守っていきたい」というなら、いっそ皇紀表記にしてほしいものです。昭和と平成が入り混じり、もう間もなく次の元号が出てくるとなると、時系列の整理がしにくくて仕方ないわけです。

また、「国民の日常に密着している」とはいうものの、この手のモノは「皆が使っているから自分も使う」といった類のものですから、「せーのっ」で切り替えれば、わりとスムーズに替わるかもしれません。なんといっても、現代のデファクト・スタンダードたる「西暦」だって、つい150年前までは、ほとんど知られていなかったわけですから。

元号は、いわば国家独立の象徴」というのは、言われてみればそうかもしれません。もっとも、こんな使いにくい暦が長いことデファクト・スタンダードとして生き残ってきたのは「他の暦を知らなかった」だけであり、つまり「国家独立」というよりも「国家孤立」に過ぎないと思いますが。それゆえ、こんな「擁護」論は馬鹿丸出し。褒め殺しなんじゃないかと疑うレベルです。
posted by s19171107 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | 更新情報をチェックする